2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 母さんの「あおいくま」 | トップページ | 背が伸びた?! »

2012年2月28日 (火)

芥川賞作品

今日は久しぶり~に昨年秋まで一緒に仕事をしていた

chisaちんに会いました

ずっと年下だけど、私の事を姉ちゃんとしたってくれる可愛い女性です

私が職場を離れてからのことや、子どもの事やこれからのこと、いっぱいいっぱい喋って気付けば4時間が過ぎていました。

これからも付き合っていきたいなあ。

さあて、先月今年の芥川賞2作品が決定しました。

受賞者インタビューの受け答えが挑戦的な感じで話題になりましたね。

文藝春秋の3月号に両作品掲載されていましたので読んでみました。

感想は

?????

小説と言うのは好みや相性があるな?と

話題作でもす~っと入ってこないこともあるし、たまたま手に取った1冊に感銘を受けたりする場合もあります。

芥川賞の2作品の選評の方が興味深く読めました。

どの審査委員の方も鋭い指摘で、文筆の世界って想像以上に厳しいものなんだなとうかがい知ることができました。

この出版業界のことを面白おかしく書いている作品が

歪笑小説 (集英社文庫)

歪笑小説  東野圭吾

白夜行・赤い指・麒麟の翼などとは違う作風で、出版業界の裏側を独特のキャラクターの人物にスポットを当て、それぞれの視点から書いてあり、あっという間に読めてしまいます。

賞をとったからと言って売れっ子作家になれるとは限らないし、小説を書くと言うのは想像できないほど大変なんでしょうね~。

たまにふら~っと本屋さんに入ってと来たものを
読んでみるのも楽しいかもしれません

仲良し家族 - 家族ブログ村

« 母さんの「あおいくま」 | トップページ | 背が伸びた?! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
芥川賞話題でしたよね~。
いったいどんな小説書くんだろう?と思っていました。
Donkoさん的には???だったのですね。

そうそう、この前、東野圭吾さんのコーナーで、
この本買おうか悩んでたんですよね。
面白そうな本ですね。
結局『手紙』のほうを買ってしまいました
『赤い指』もやっと読み終えました。

『うさぎパン』というのも買ってきましたよ。
ちょい読みで、読破したいと思います。

むくむくさん  こんにちは(*^_^*)

芥川賞に選ばれるんだから素晴らしい作品なのでしょうが
私には難しい、と言うか入ってきませんでした。

「うさぎパン」は読んだことないです。
感想聞かせてくださいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞作品:

« 母さんの「あおいくま」 | トップページ | 背が伸びた?! »

最近のトラックバック