2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 台北日本人学校和太鼓部!加油! | トップページ | 未来の花束 »

2011年11月 5日 (土)

「耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由」金洲琳著

10月27日~11月9日は読書週間book

子どもの頃、結構プレッシャーでしたcoldsweats02

と、言うのもスタートが私の誕生日。校内に貼られているポスターが否応なく目に入るのに本をあまり読まない子どもだったからbearing

私の育った町には公的な図書館もなく本屋さんもない。なので、学校の図書館が100%。図書委員だった学年の時は、推薦図書を強制的に読まされ(笑)半分くらい読んで感想文を書いていました。作文は好きだったんですsweat01

読書が好きになったのは社会人になってから。

本屋さんも出来て、自分の得た収入で好きな本が買える。

1冊いいな、と思う本に出会うと、その作家さんの本を手当たり次第に読むと言った感じでした。

ところで、結婚するまでどっぷり熊本に居た私happy01

熊本はイントネーションが平坦の無アクセント地帯に属します。

karaokeしゃべる仕事をしていた時は、ニュース原稿に苦労しました。

私の話せる言語

①ネイティブな熊本弁bleah

②ちょっと変な標準語wink

③かなり変な関西弁coldsweats01

             以上!!

例えば 

ちゃう→ちゃう→ちゃうんupwardrightちゃうupの関西弁は

dog犬のチャウチャウ犬ではないのではないの?とアクセントによっておもろい文章になります。

熊本弁だと、

この席トットットー? うん、トットット。

pigこの席取っていますか? ハイ、取ってますの意。
すべて平坦に読みます。

台湾在住時も北京語の四声が全然だめで習得できず_| ̄|○

noteピアノを弾くzinは音が取れるのか上達が早かったのです。

と前置きがかなーり長くなりました<(_ _)>。

耳の聞こえない私が4カ国語しゃべれる理由

耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由 金修琳著

驚くことに著者の金氏は耳が不自由にも関わらず、4ヶ国語を習得されたとのこと。と聞くとかなりの英才教育を受けられたと思いますが。

韓国で生まれ4歳で親に捨てられ6歳で完全に聴力を失います。

遠い親戚に預けられたあと祖母に育てられ、実母はいつの間にか日本に渡りスナック経営。日本に呼びよせられるも、全く他人の日本人ファミリーに預けられます。

彼女は喋る相手の口の動きで言葉を聞き取ります。

韓国語は聴力を失う前の記憶でしゃべり、日本語はホストファミリーの同世代の子どもたちから教わります。

しかし、聞き取れないから成績はどん底

高校はヤンキー高校と言われるところへ

そこから彼女はイギリスに渡り這い上がって行きます。

決して恵まれた環境ではなく、親に何度も捨てられても、何度つまずいても進んでいく姿は読みながら勇気が湧いてきます。

社会人になってようやく順風満帆かと思っていたあと、10か月もの引きこもり生活に陥ります。

人生のupwardrightdownwardrightupwardrightdownwardrightの繰り返し。

社会人時代に貯めたお金で3年間の放浪の旅に出ます。

あてのない一人旅、それだけで充分不安なはずなのに、耳が不自由など微塵も感じさせない行動力。

彼女のハングリー精神は並大抵なものではありません。

旅の間にスペイン語を習得

韓国語・日本語・英語・スペイン語を操れるようになったのです。

そして、30歳の時にゴールドマン・サックス社に入社

毎日毎日出来ない理由を並べる自分が恥ずかしい_| ̄|○

もう○才だから、とか私は○○だから、とか言いわけしている間に行動を起こさないといけませんね~。読み終わったあとしばし呆然としてしまいました。

子どもたちにも是非読んで欲しい本ですconfident

仲良し家族 - 家族ブログ村

« 台北日本人学校和太鼓部!加油! | トップページ | 未来の花束 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

熊本弁のくだりでは、笑ってしまいましたhappy01
でも、まっぽしだもんねscissors
私は、実は、母が教育ママで(元教師)、イントネーションとか、
鼻濁音とかにうるさくて、中学から、熊本市内に移ったけど、
国語の時間に、本読みがあたって、先生から、君は
東京から来たの?って聞かれたつよ。
すごかろ! それで、NHKのアナ目指した時期もあったなあconfident
いい本を紹介してくれてありがとうheart02

いいですねぇ~。

私が話せる言葉は、
使い分けすると、すっごく効果的な
関西弁(河内弁?)と標準語ですね。

チャウチャウと、トットトーの
下り大好きです♪

また、お邪魔させたいただきます。

☆くまモンママさん
私の父も教員でした。(共通点が多か)
小1・2の担任の先生が鼻濁音や音読みが厳しくて鍛えられたので、私的にはバリバリ標準語出来るつもりだったのですが(笑)
R○○ラジオのおっ○○ろろと言う番組に数年間出ていました。ご存知ですか?
今では熊本のメインタレント、太田○さんが20代の頃ですhappy01

☆ちっちかもさま
コメントありがとうございます。
河内弁ってなんだか関西弁の真髄のような気がしますhappy01

方言って、その土地の方は標準語と思って使ってる言葉多いですよね。
鹿児島では黒板消しの事、ラーフルって言うそうですhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454379/42866071

この記事へのトラックバック一覧です: 「耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由」金洲琳著:

« 台北日本人学校和太鼓部!加油! | トップページ | 未来の花束 »

最近のトラックバック