2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 満点☆青空レストラン | トップページ | 記事数1000突破\(^o^)/ »

2011年6月19日 (日)

奇跡

今日、zinのピアノコンクールでしたsweat01

毎週毎週忙しいなあ、中学生

あきらかに練習不足coldsweats01

良く弾けるときとそうでないときの差がありすぎcoldsweats02

まあ、出場させていただけるだけでも感謝ですね。

そうそう今日は父の日ですbottle

忘れがちな父の日ですね。我が家は夫の誕生日も今月なので、スルーしますが(笑)zinオバチャンはしっかり、presentを用意しておりました。

そもそも母の日しかなかったそうですが、1909年アメリカ人の女性が、父の日がないのを不思議に思い、牧師協会に嘆願したそうです。その女性の父親が6月生まれだったことから、6月が父の日になったとのこと。

父、弟と再び一緒に暮らしたいと願う映画

先日ブログにも書きました映画「奇跡」見てきました。

九州新幹線 「さくら」bullettrainの一番列車がすれ違うとき奇跡がおきる。

大阪で暮らしていた4人家族

夢を追いかけ定職につかない夫に愛想をつかし、兄は母と実家の鹿児島で、弟は父と福岡で暮らし始めた兄弟。

桜島の噴火で灰だらけの街が嫌いな兄。

ある日、クラスメイトから「さくら」の一番列車がすれ違うとき、奇跡が起きると聞かされる兄。

兄は「桜島が噴火して鹿児島に住めなくなり大阪でまた家族そろって住めること」を願います。

兄、弟それぞれの友人たちも奇跡を願って、熊本へ冒険の旅trainへ出ます。主演のまえだまえだの演技の旨さは評判通りですが、まわりを固めるベテランの役者陣がいい味を出しています。

九州のご年配の方そのものなのです。

熊本で半年ぶりの兄弟の再会

夜も更け、たまたま通り掛かった家に泊めてもらいます。(実際は7人もの子どもたちを、突然泊めてくれる家は無いと思うけど、そこは御愛嬌

子どもたちが泊まった家の夫婦の妻役リリィさんの熊本弁がとても自然でした。夫婦の娘は、家を出たっきり音信不通という設定。内田伽羅さん演じる女の子の髪をとかし、話を聞きながら「そぎゃんね~、そぎゃんね~(そうなの)」と相槌をうつのが、熊本のひとそのもので、何でもないシーンなのに、なんだか泣けてきました。

それと、私の両親もそうでしたが、夫に対して敬語なんですよね~。

全員というわけではないでしょうが、ご年配の方はいまだにそうだと思います。

また、兄弟の母役である大塚寧々さんが、樹木希林さんを呼ぶときの「お母さん」がzinが私を呼ぶときの「お母さんup」としり上がりになる言いかたで(笑)たった一言のセリフも九州弁で、なんだか感動しました。

奇跡

って言うと大がかりな事を思い浮かべがちですが、

家族と再び一緒に暮らしたい

と言うお兄ちゃんの気持ちが、1つ1つのセリフから伝わってきてジーンときました。

子どもの役者さんたちの自然な演技力もある意味奇跡かも?

さあて、我が家のzinは

・・・残念ながら奇跡は起きず

ピアノは入賞ならず_| ̄|○。

昨日、あるドラマでも言ってましたが

負けることは勝つこと

負けるのは悔しい、だから次の勝利に向かって頑張る。勝った人も尚、負けた人がどんどん追っかけてくるから頑張る。

そうやって奇跡が起きるのでしょうね。

仲良し家族 - 家族ブログ村

« 満点☆青空レストラン | トップページ | 記事数1000突破\(^o^)/ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454379/40458854

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡:

« 満点☆青空レストラン | トップページ | 記事数1000突破\(^o^)/ »

最近のトラックバック