2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 無事帰国しました!! | トップページ | 通訳できない日本人の日本語 »

2010年11月 4日 (木)

ネイティブな熊本弁

昨日帰国した夫。

日本での勤務開始まで数日あります。

今日は住民登録をしたり、携帯電話を契約したり、とりあえず日本で生活するための手続をしましたよ。

夫は右ハンドル、左車線に慣れなくて、ウインカーを出すたびに、ワイパーが動いて大爆笑でした。(台湾でも運転していました。左ハンドル、右車線rvcarrvcarrvcar

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、先日本屋さんで数冊の本を購入したことはブログで書きました。

その中の1冊は、夏前から話題になっていたのは知っていましたが、手に取ることはありませんでした。今回、手に取ってパラパラっとめくると、飛び込んできたのが

なんとかなるばい

その他の言葉も、こっこれは熊本弁では!!

九州弁は各県似ていますが、県によって微妙に違います。

母(オモニ) 姜尚中著

姜氏は熊本出身、高校卒業まで熊本で過ごされました。

姜氏のご両親は在日韓国人。

第二次世界大戦前に日本に来られ、血のにじむような苦労に苦労を重ねられ、生涯を熊本で過ごされます。

日本人になじられ、日本人が嫌がる仕事を引き受け、事業を拡大されていきます。

姜氏のオモニは日本語の読み書きは全くできなかったけど、流ちょうな熊本弁をお話になられたそうで、韓国の訛りはなかったそうです。

本を読み進めながら、私の母や叔母が話すようなイントネーションが浮かびます。熊本弁をご存じない方は、読み辛いかもしれませんが、オモニがお話になっていたそのままが文字になっていて、気持ちが伝わってくるようです。

出てくる地名は私にとっても懐かしい場所ばかりです。

決して裕福ではないのに、他人のために尽くす、その姿を思い浮かべながら、ジーンと心打たれました。

作者の姜氏は、大学生の時、叔父と共に、韓国へ初めて行ったことがきっかけで、それまでの日本名から韓国名を名乗るようになります。

姜氏のオモニは、熊本にて永眠されましたが、何度か韓国に里帰りされています。

その際も、コツコツろうそくの火を灯すように蓄えたお金を、弟さんに渡されたり、どこまでも温かいお人柄が伝わってきました。

なんとかなるばい

どんな苦境に立たされても、前向きに進んで来られたオモニ

涙なしには読めない作品です。

« 無事帰国しました!! | トップページ | 通訳できない日本人の日本語 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454379/37528008

この記事へのトラックバック一覧です: ネイティブな熊本弁:

« 無事帰国しました!! | トップページ | 通訳できない日本人の日本語 »

最近のトラックバック