2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« いい塩梅 | トップページ | ソフトバンクのお父さん犬と、WAONのワンちゃんは似ている »

2010年10月 7日 (木)

ハングリー精神

コッコメがない!!

米櫃にお米が1粒もありませんsweat01

食べ盛りの子どもが2人

Hiroは小食ですが、朝はご飯派、それに毎日のzinのお弁当riceball

我が家と同じ男の子2人を持つご家庭では、子どもさんが中高生の頃、月20㌔消費するとおっしゃっていました。

まだそこまではいきませんが、子どもたちが小さいころは5キロでも1か月以上はあったのにな・・・・。今は2週間に5㌔は無くなってしまいます。

今月は運動会runなどがあったからでしょうか?2週間持ちませんでした。

ところで、お米どころか、食べるものが何にもなくて、砂糖水だけで1週間を過ごした、と言うピアニストがいらっしゃいます。

フジコ・ヘミングさん

私が初めて彼女を見たのは、10年くらい前にテレビ東京系で放送されていた「たけしの誰でもピカソ」と言う番組でした。

たぐいまれなる才能を持ちながら、幾多もの不運にさいなまれ、注目されたのは60才を過ぎてから。

彼女の奏でるピアノを聞く方の多くが涙を流されるといいます。

日本人の母とスウェーデン人の父の間に生まれ、戦時中からいじめられます。母から手ほどきを受けたピアノを、聴力を失うと言う不幸に合いながらも続けてこられました。

菅野美穂さん主演でドラマ化されたこともあります。

テレビで演奏されるのを何回も聴き、素人の私でもゾクゾクッと鳥肌が立つほど、心に響くピアノの音色です。

聴衆の多くが涙されるのもよく解ります。

コンサートのチケットは入手困難なほど即完売なのだそうです。

1度、生演奏を聴いてみたいなあ。

ピアノは実は叩けば鳴る、打楽器の1つ。

しかし、同じ曲でも演奏者、楽器、ホールなどの環境で全然違って聞こえます。

太鼓もそう。

叩けば鳴る簡単な楽器ですが、皮の張り、スティックの持ち方、叩き方で全く違う音を奏でるのです。

notezinは5歳からピアノを習っています。途中台湾に行きましたので、台湾では違う先生に教えていただいていましたが、帰国してまた以前の先生に習っています。

5歳の初めての発表会の時、プログラムを見ると60歳代の男性の名前がありました。その方は若いころからピアノを演奏するのが夢だったそうです。

定年退職後ピアノを始められ、zinと同じく初めての舞台でした。

演奏された後の、素敵な笑顔shine出演者の中で1番輝いていらっしゃいましたshine

そして、来月久しぶりにピアノの発表会です。出演者と演奏曲の一覧表を見たら、その男性のお名前もありました。

ずっと続けていらっしゃるんだな~、と感動してしまいました。

来月の発表会がが楽しみですnotes

昨今忘れがちなハングリー精神。

ノーベル賞を受賞されたお2人も、何十年もの功績を認められたんですものね。

頭が下がる思いのDonkoなのでした。

« いい塩梅 | トップページ | ソフトバンクのお父さん犬と、WAONのワンちゃんは似ている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454379/37124921

この記事へのトラックバック一覧です: ハングリー精神:

« いい塩梅 | トップページ | ソフトバンクのお父さん犬と、WAONのワンちゃんは似ている »

最近のトラックバック