2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ゲップ タクシー? | トップページ | 不思議なナフキン »

2010年6月24日 (木)

もし私がドラッガーのマネジメントを読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら』と言う本がすごく売れているらしいです。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

一見少女マンガのような表紙で、読むのにちょっと躊躇してしまいますが、一気に読める本です。

大人から見れば、中高生の部活の問題なんて、ちっぽけに見えるかもしれませんが、いえいえそんなことはありません。

今思えば笑ってしまいますが、私も中高生の頃は部活に明け暮れ、悩んだり泣いたりしました。

この本は進学校である公立高校の野球部がわずか3年足らずで、都大会初戦勝ち進むか進まないかのレベルから、甲子園出場を果たすお話しです。

しかし、スポコン小説と言うわけではなく、マネージャーになった女子高生が、会社を再生するようにマネジメントをしながら、野球部が徐々に強くなっていきます。

主人公の野球部マネージャーがマネージメントの本を見つけます。それはオーストリア出身の経営学者・ピータードラッガーの著書「マネジメント」です。

商品の詳細

高校野球と経営学、全く関係ないようですが、読み進めていくと、野球に限らず、何にでもあてはまるから不思議です。

例えば、仕事もそうですし、PTA活動や、家族もそうかもしれません。

特にPTA活動は1年でメンバーが総入れ替えになることが多いので、何の改革もなくどうにかしたいな?と思いながら1年が過ぎ、私の役は終わったから、まっいいかとなることがほとんどです。

仕事にしても、新規ならともかく、既存の出来上がった流れに途中で入ると、その流れに逆らうのは容易なことではありません。

この物語も高校と言う、わずか3年で甲子園出場と言う目的を達成しようと、紆余曲折しながら、少しずつ先が見えていきます。

結果が見えないと、すぐあきらめがちですが、石の上にも3年。

我慢や葛藤の時期があってこそ、目標は達成できるのでしょうね。

あきっぽい私ですが、この本を読んで、継続は力なりを感じました。

« ゲップ タクシー? | トップページ | 不思議なナフキン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/454379/35448826

この記事へのトラックバック一覧です: もし私がドラッガーのマネジメントを読んだら:

« ゲップ タクシー? | トップページ | 不思議なナフキン »

最近のトラックバック