2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 台湾の中国語と中国の中国語 | トップページ | 桶に入った豆花 »

2009年3月 8日 (日)

涙・涙ちょっぴり笑の3本立て

Dscn4596 台北日本人学校 中学部卒業式。

このところ、雨不足気味の台湾でしたが、前日からこれでもか!!と言うくらいの土砂降り

まるで、お別れを惜しむかのような雨の中、行われました。

今回は例年にない試みで、卒業生をブラスバンドの演奏で送り出すことになったのです。

Dscn4597_2 式終了後、一旦教室に戻った卒業生が後輩に見送られながら、出てくるところで演奏です。

中学3年生は課活で一緒の生徒数人しか知りませんが、階段から降りてくる晴れ姿の卒業生を見たら、涙が止まらなくなりました。

考えてみたら、この卒業式で、みんな本当にバラバラになってしまうのですよね。日本各地、或いは色んな国の学校に進む彼らたち、抱き合い泣きじゃくる姿を見たらもうたまらなくなりました今度はいつ会えるのか?もしかしたらもう会うことがないかもしれない・・・。そんなことを思うと胸が熱くなりました。

私も、ブラスバンドのみんなと演奏するのはこれでラスト感慨深いものがありました。

そのあと、ブラスバンドの皆さんとお食事会(送別会)私以外にも帰国や他国に行く人が数人います。泣くまいと思っていたのだけど、今年度保護者代表を務めてくれたNさんやKさん、ガチャピンチャンと話をしていたら、たまらなくなって素敵なカレンダーやメッセージブック宝物にします

子ども達を通じて私の方がたくさん学ばせていただいたなあ、と改めて思いました。

並行して樂樂棒球部の最後の練習&送別会

雨だったので、急きょ体育館で練習。旧メンバーも来てくれての本年度ラストを迎えました。

Dscn4610 総勢25人。旧メンバーのみんなはすっかりお兄ちゃん・お姉ちゃんになっていました。現メンバーも最初のころから比べると見違えるくらい上手になりました

保護者チームもおKはん、Y子さん、私が抜けるので、平均年齢下がるぞー(笑)他にもTさん、Yさん、Aさんが帰国です。顧問の先生も。練習後の送別会では1度ゆるんだ涙線は止まりませんでした。

ブログでも何度か書きましたが、「野球をやりたい!!」と寝言のように言っていたHiro。病気のことがあって日本ではやらせてあげることができませんでした。台湾で「樂樂棒球」に出会い、監督や旧代表さんが、入部することを快く引き受けてくれました。とは言え、私たちに解らないよう、本部と掛け合って下さったり、ご苦労があったと思います。振り返ってみても、来台当初からたくさんの人に助けていただいていたんだなあと、感謝の気持ちでいっぱいです。

ラストは和太鼓部、本帰国していたオスカル一家も集結です。こちらは半数が台湾ママ、I夫が暴走しておりましたが(笑)北京語で盛り上がっておりました。

オスカル家のWちゃんリクエストで、来週、学校のラバーコートでラスト打ちをすることに。本当に本当の最後。和太鼓部は3分の2が帰国、卒業です。

来週は、小学部の卒業式。厚地のタオル用意しなくちゃ

余談 卒業式に着る服を悩んでいたオスカルさん。あれれ結構地味な格好をされていたので、聞いてみたら、着ようと調達したスカート丈が長かったので、お直し屋さんに頼んだんだけど、遊び歩いていて取りに行ったら閉まってたんですって!!(笑)で、結局式に間に合わず、地味なのになったんだそうどこまでも笑わせてくれるオスカルさんでした。道端でのファッションショーは何だったんだ!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ昨日の土砂降りがウソのように今日は

« 台湾の中国語と中国の中国語 | トップページ | 桶に入った豆花 »

台北発見録」カテゴリの記事

コメント

卒業式…いよいよ間近ですね
当日は、涙涙…でしょうか。。。
淋しいけど、新しいスタートに向けて…ファイトです。

☆hirumiさん  アルバムも完成しホッと一息です。後は卒業式とパーティです。

K小学校のみんなも卒業ですね。
あの土砂降りの入学式がついこの間のような気がします。

旅立ちの季節ですね

樽豆花!すごいボリュームですね。挑戦してみたいな。残りわずかな台湾生活、心残りのないように遊びましょ!
今日は久々の良い天気、最後の和太鼓ですね。最高の幕引きになりそうです。
morimoriさん、一年半本当に公私共にお世話になりました。編入説明のとき肩を叩いてお声かけをして良かった。ほぼ毎日どこかで会ってましたね。会えて幸せになりました。イツマデモ(一生の)友達でいてくださいね。

☆kaoruさん   こちらこそ、本当にありがとう!!ひきこもる予定が一転、飛んだ台北生活になりましたこれもひとえにkaoruさんが肩を叩いてくれたおかげです。

日本で集合する楽しみも出来たし、いい出会いがたくさんあったね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙・涙ちょっぴり笑の3本立て:

« 台湾の中国語と中国の中国語 | トップページ | 桶に入った豆花 »

最近のトラックバック