2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 謝謝・再見(^.^)/~~~オスカルファミリィー(オ~!!ついにバスをとめちまったぜ之巻) | トップページ | 子連れで鶯歌 »

2008年12月25日 (木)

聖誕節・心にしみる親切

今日はクリスマスですね

昨日になってサンタさんあてに必死に手紙を書くHiroいつもは何回起こしても起きないのに、今日は5時前に起きてきました(早っ

台湾もあちらこちらにクリスマスの飾りつけがしてありますし、お店の店員さんもサンタ帽をかぶっています。でも日本ほど賑やかではないかなあ。熱心な仏教国ですからね。それに明日になっても、年末になっても、1月になってもクリスマス飾りは撤去されずに飾られているはず。去年不思議に思って聞いてみたら、「えっ何か?」と言う感じで、飾っているのがなぜ悪いの?と言う答えだったと記憶しています。

日本でクリスマスを祝うようになったのはいつごろなんでしょうね?私のクリスマスの思い出と言えば・・・・・。

私の子どものころは、クリスマスと言っても普段と変わらない夕食だったかと・・・。近所にケーキ屋さんもなく、ゆういつある何でも屋(雑貨屋)に予約注文し、決しておいしくないバターケーキを、それでも当時は「おいしい」と思って食べていたなあ。(サバの煮付けにケーキとかありえない組み合わせでした)当時12月24日が終業式で、そのあと、母・兄・姉とオメカシをして(笑)街のデパートへ行き、お正月に着る服を買ってもらうのが楽しみでした。(どんだけ田舎!!と思われるかもしれませんが、デパートに行くのは年に数回)

プレゼントでの思い出は・・・。小学校低学年のころ、「おしゃれセット」というコンパクトや鏡、リップクリームなどが入っているおもちゃが女の子の間で大人気でした。当然買ってもらえるわけもなく、私と姉は「サンタさんが持って来てくれないかなあ」とかすかな希望をいだきました。

朝目覚めてみると、なっなんと枕もとに、四角くてちょっと厚みのある箱型の包みが!!もう胸がドキドキです「これはもう、おしゃれセットに違いない」と開けてみると・・・・本でした

私たち姉妹はその後も「おしゃれセット」を手にすることはありませんでした。でも洋風なことなど全くうとい両親の精一杯の気持ちだったのだと、今更ながら思います。手に入らないからこそ、夢は膨らみ、「もし手に入ったら」を考えワクワク感もいっぱいだったあのころ。何でも手に入る時代、あの頃の方が夢いっぱいだったかもしれませんね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・

ところで、昨日こちさんおすすめ高島屋の先にある郵便局へ←ココは本当にいいですよ。局員さんの愛想がいい

ここに来るのはもう三回目だし~、慣れたものよ~、とフフンと窓口へ。今回送るものは、確実に送りたい書類だったので、「書留で」とお願いするも、日本は年末だし、郵便事情を考えると、より確実に速達がいいかな?なんて考えながら、つたない中国語で、知りうる単語を羅列していると・・・・。

送るものによってはEMSがより確実ですよ」と隣にいた女性が・・・。それまで中国語で局員さんとお話しされていたので、突然のきれいな日本語にビックリ!!また、送る封筒を見て「大事な書類だったら濡れないようにしてもらったらいいですよ」とアドバイス。すべて通訳してくださったのです。

私は「謝謝 謝謝」(これだけは中国語で)と何度もお礼を言いました。「いいえどういたしまして」とまたしてもきれいな日本語で返してくださいました。日本に滞在経験があるというその女性、温かい親切にホロッ

日本に本帰国する方が「日本に帰りたくないよ~」とよくおっしゃいます。最初はなんでだろうと思っていましたが、最近何となくその気持ちが解るようになりました。人が温かいんですよね~。言葉が解らなくても、「どうしました?」と声を掛けてくれます。

日本にいたとき、困っている人を見て、私は声をかけることが出来ていただろうか?ふとそんなことを考えてしまいました。物の豊かさも大事かもしれませんが、心の豊かさが何よりも大事だなあと気づかされた出来事でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ今年もあと一週間で終わりかあ

« 謝謝・再見(^.^)/~~~オスカルファミリィー(オ~!!ついにバスをとめちまったぜ之巻) | トップページ | 子連れで鶯歌 »

台北発見録」カテゴリの記事

コメント

jin君サンタさんは来てくれましたか?
我が家にも煙突がないのにどうやってか? サンタさん無事置いてってくれましたよ そうそう私も小さいころバタークリームのでしたよ(笑)欲張って2個目なんて食べると軽く胸焼けします 今は、で注文すると、有名ホテルのが食べれちゃう時代・・ でもでも・・あのバタークリームのが懐かしいリュックでした★

メリークリスマス!
Donkoさんの子供時代に、うんうん頷きながら読ませていただきました。
フツーのご飯に、バタークリームのケーキでした!
ヤマ★キのを、近くのスーパーで予約して買ってた~。
デパートは年に数回!もちろんオシャレして!

台湾の方は、ストレートに親切ですよね~。
「日本人だから(言葉が通じないから)助けられない」じゃなくて「日本人だから(言葉がわからなくても)助けてあげなきゃ」と言った感じ。
ホントありがたいですよね!
高雄の人たちは、台北以上にフレンドリーですよ~。

☆リュックサックさん  楽しいクリスマスを過ごされたようですね~今は、各地の名産品もインターネットでお取り寄せ出来て便利になりましたよね。でもその場所で食べるからこそおいしかったりします。不便だったけど物のありがたさは感じられる時代だったなあ、と思います。


☆けんこうさん  高雄の方はもっとフレンドリーなのですね損得など全く関係なく、優しくしてくださいますよね。けんこうさんもすっかり高雄の生活に慣れられたようで良かったです。お子様は風邪などひかれていませんか?このところ寒い台北ですが、高雄はいかがですか?けんこうさんの幼少時代も私に近いようで(笑)、益々親しみを感じちゃいます。

うちは今年日本でクリスマスを迎えているので、
上の子が
「いまは台湾(ここは漢字で!)にいません、あきたにいます」と
お手紙を書いたのでちゃんと来てくれました~☆

台湾の方は親切ですよね。
私も何度も助けられています。
物にあふれる現代、忘れがちになりますが、
「心の豊かさ」って本当に大事だと思います。


☆kojikojiさん  秋田にいらっしゃるのですね!!今寒波なのでは?かなり寒いですよね~。体調崩されませんように。

サンタさん、秋田に行ってくれて良かった(笑)

台湾の方の親切は心温まります。以前、あるレストランで注文の仕方が解らず、中国語の先生に電話で聞いたら、飛んできてくださったことがありました。

見習いたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖誕節・心にしみる親切:

« 謝謝・再見(^.^)/~~~オスカルファミリィー(オ~!!ついにバスをとめちまったぜ之巻) | トップページ | 子連れで鶯歌 »

最近のトラックバック