2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« なんで1カロリー? | トップページ | GLOBALMALL »

2008年7月 6日 (日)

Tubby the Tuba

熱い毎日です日本では日焼け防止に長そでを羽織っていましたが、腕に張り付いちゃって痛くて開き直って上着なしです(真っ黒になっちゃうな)

さて、オーケストラや吹奏楽で、目立たないんだけど、なくては困るのが、低音の王様「チューバ」ズ~ンと響く低音は心に響きます。中国語では低音號と言いますよ

このチューバが主役の吹奏楽のコンサートがあり、チケットをいただいたので行ってきましたよ

Dscn2688 場所は「自由広場」(元中正紀念堂)の中の國家音樂廳

Dscn2690 現在外装工事中でした。

少し遅れて行ったのですが、入ってみてビックリなんと、ステージに大小さまざまの18本ものチューバと、ユーホニュームが並べてありました

曲が変わるごとに、低音楽器奏者が、楽器を取り換えて演奏するのです。

また、今回はチューバ奏者の「Micky Wrobleski」さんがゲスト出演されていました。タイトルのTubby太っちょのと言う意味があるそうです。チューバはゾウさんのイメージだなあオーケストラや吹奏楽の人数編成は色々ですが、チューバは2人位っていうのが一般的です。今回は4人~8人チューバ奏者が入ることもあって、とても重厚な聞きごたえのある演奏でした。

今回チケットをくださった国家交響楽団のホルン奏者Kさんと笛吹きCHIKAさんもご出演されていましたよ。

Dscn2701 通常、会場内は撮影禁止ですが、今回は休憩時間に皆さんバチバチ撮られていたので、遠慮がちに1枚こんなステージで演奏してみたいなあ

本題のコンサート。いつもは脇役のチューバが主役です。通常はあまりメロディがない楽器ですが、今回はメインです。大きい楽器なので、早いリズムはとても難しいと思うのですが、まるで、トランペットやトロンボーンのような旋律の曲に、鳥肌が立ちました。

チューバとユーフォニュームのみのアンサンブル「中世紀舞曲」は中高生のころ、よくそのパートの人たちが練習していたので、ものすご~く懐かしく涙が出そうでした。途中太鼓が入るんです。この曲中学の時の音楽室の風景が浮かびました。

特に良かったなあ、と思ったのは、演奏者の指クラップや歌が途中入った曲でした。大勢で指クラップすると波の音に聞こえるから不思議です。

ユーフォニュームのソロもメチャクチャ、ステキでした。何であんなに透き通るような音が出るんだろうgachapinちゃん行けなくて残念でした~

用事を済ませて行ったので、「その服装、あ・ん・ま・り」(笑)っていう格好だったのですが私。

低音の魅力にすっかりはまったDonkoでした。チケットを下さったKさん、ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ学生のお客さんが多かったな。台湾でも盛んなのかな?吹奏楽。

« なんで1カロリー? | トップページ | GLOBALMALL »

台北発見録」カテゴリの記事

コメント

ご来場ありがとうございました。
最後後ろを振り返ったらチューバだらけで驚きました。
ブラスバンドからとてもかわいい花束をいただき、ありがとうございました。皆様によろしくお伝えくださいませ。

追伸:素敵なユーフォニウムさんも日本人です。

☆moominchikaさん  素敵な演奏ありがとうございましたユーフォも日本の方でしたか!!奇麗な音ですね~。フルートの音色が、引き立てていましたよね。
そうそうchikaさんの胸元のアクセサリーでしょうか?ピカピカ光ってとてもきれいでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tubby the Tuba:

« なんで1カロリー? | トップページ | GLOBALMALL »

最近のトラックバック